美術品の販売・買取・売却・査定などお気軽に広島 石森画廊までご相談ください
美術品商許可証番号 広島県公安委員会 第731019800042号  広島商工会議所会員 2090188号

石森画廊 GALLERY ISHIMORI 本文へジャンプ
ホーム 新着作品 展示作品 取扱作家 買取査定 オークション 質問と回答 画廊案内 お問い合せ

  広島に石森画廊を開廊して18年余、「誠心誠意」「信用第一」をモットーに確かな専門知識でお客様の大切な美術品と向き合ってきました

 〜 風物詩 〜
 白、赤、薄紫、桃色と様々な色のつつじが見頃の季節です。 つつじの色といえば赤系の色をイメージしてしまうのですが、よく観察すると実に多種多様な色があり、そのどれもが春という季節を物語ります。
 つつじはその美しさから絵画のテーマとして描かれた作品も多いのですが、色絵磁器にもつつじを題材にした作品がありまして、陶芸家の筆頭に、人間国宝 十四代 酒井田柿右衛門(さかいだかきえもん)が挙げられます。柿右衛門の作で、乳白色の素地に赤いつつじが描かれた作品があり、実に繊細緻密で印象的、そこに用いられた「つつじの赤」はまさしく「柿右衛門の赤」、その解釈は見事というほかありません。
 さて、出かけるには良い季節になりました。九州を巡る豪華列車「ななつ星in九州」に乗って旅をしたい。この列車の洗面は酒井田柿右衛門の作品なのです。贅沢の極みです。 有田焼の窯元を巡って、小洒落た一品に巡り合う、そんな休日を思い描いているのですが。。。


 初夏の在庫処分市 5月28日 (日) まで
 日本画・洋画・工芸品等、在庫作品を一堂に集め、 特別価格 にて販売いたします。ぜひご来廊くださいませ。

出品作家
   草間彌生 特集
   千住博    富岡鉄斎  堂本印象  中路融人
   中川一政   牛島憲之  中山忠彦  小松崎邦雄
   島田章三   大森暁生  ワイズバッシュ
   岡部嶺男   金重陶陽  魯山人   徳田 八十吉
   東郷青児   小林和作  南薫造   池田満寿夫
   今井政之   川瀬忍   森陶岳   籔内佐斗司
   ミロ     ガレ    ドーム 他


草間彌生の作品 高価買取
    草間彌生作品 10点画廊に展示
草間彌生の作品 高価買取 石森画廊
 かぼちゃをアートに変えた異才のアーティスト、草間彌生(くさまやよい)。
彼女の作品は、水玉模様、網目模様などのパターンをユニークな視点でモダンアートに昇華させ、高い評価を得ています。
2016年、文化勲章を受章、現在、国立新美術館で展覧会を開催中(2017年5月22日まで)と、今や日本のみならずワールドワイドに人気を博す作家であり、昨今では作品の市場価格も上昇傾向にあります。
石森画廊では草間彌生の作品を相場を十分に考慮した査定額で高価買取しております。
ご相談お待ちしております。



遊酉(ゆうゆう) 籔内佐斗司 2017年干支 石森画廊
遊酉(ゆうゆう) 籔内佐斗司 2017年干支

 営業日カレンダー     赤 : 休廊
Calendar Loading
 新着作品のご案内 

新しく作品が入りました。
2017.5.21 入荷

新着作品はこちら

 絵画買取のご相談 

絵画・美術品の買取はお気軽に石森画廊にご相談ください

買取査定のご案内はこちら
 オークションのご相談 

オークションへの出品・入札はお気軽にご依頼下さい

オークションのご案内はこちら


広島商工会議所 会員
石森画廊

石森画廊は広島商工会議所 会員です
広島商工会議所所報にご案内を掲載しております。

掲載内容はこちら
 進呈 
石森画廊にご来廊された方へ

石森画廊にご来廊された方へ進呈
日本最大級の毎日オークションの過去のカタログを無料でお1人1冊さし上げます。

・絵画、版画、彫刻
・日本陶芸、茶道具、古美術
・西洋装飾美術
・ジュエリー&ウォッチ

以上の4種類 合計250冊在庫
※カタログがなくなり次第終了となります。


 石森画廊がテレビ番組で紹介されました
RCCテレビ 「PLUG」2015年3月24日 放送

西田篤史さんがナビゲートする情報番組です
   【放送は終了しました】

  番組では石森画廊の展示から
    横山大観
    香月泰男  「かたつむり」
    籔内佐斗司 「やもりん」
  等の作品を取り上げていただきました。

多数のお問い合わせを頂き、ありがとうございます。ぜひご来廊ください。

新着作品のご案内と過去1年間の取扱実績
石森画廊に新しく作品が入りました。  
作品の詳細は、「新着作品」メニューよりご覧ください。
2017. 5.21
奥村土牛  籔内佐斗司 棟方志功 千住博
2017. 5. 1
森陶岳
2017. 4. 4
金重素山
2017. 3.24
中山忠彦  後藤純男
2017. 2.25
小林和作  ピカソ
2017. 2.14
奥田元宋  今井俊満  金重陶陽  加守田章二
2017. 1.14
河井寬次郎 平山郁夫  奈良美智  斎藤清
2016.12.23
香月泰男  藤田嗣治  山中現
難波田龍起 堀研    シャガール ミロ
2016.12.12
草間彌生  タカノ綾  藤田嗣治
松田正平  小林和作
2016.12. 4
横山大観  大森暁生  北大路魯山人
2016.11.23
後藤純男  清水達三
2016.11.19
織田広喜  ロイヤル・コペンハーゲン  ガレ
2016.11.18
金重陶陽
2016.11.17
富本憲吉  藤田喬平  金重陶陽  北村隆  
2016.11. 3
草間彌生
2016.11. 2
草間彌生
2016.11. 1
草間彌生
2016.10.31
草間彌生
2016.10.30
草間彌生
2016.10.29
金重まこと 小山冨士夫 北大路魯山人
2016.10.19
中村清治  伊勢崎陽山 ドーム   ガレ
児玉希望  宮迫正明  大薮雅孝  青木敏郎
橋本関雪  山本陶秀  西村春湖  笠井誠一
2016.10.13
絹谷幸二
2016.10.11
絹谷幸二  レオナール・フジタ
2016.10. 4
棟方志功
2016. 9.28
絹谷幸二
2016. 9.20
千住博
2016. 9.11
板谷波山  岡部嶺男  初代宮川香山
2016. 8. 3
黒沢信男
2016. 7.24
マイセン  ドーム ガレ
2016. 7.17
林喜市郎
2016. 6.16
マイセン  今井政之
2016. 6. 6
草間彌生
2016. 6. 1
ベルナール・ビュッフェ
2016. 5.25
藤田喬平  ピカソ
2016. 5.22
葉山有樹  リヤドロ 金重晃介 浦上善次
2016. 5.10
加藤土師萌 金城次郎
2016. 4.27
東郷青児
2016. 4.22
小林和作  中川一政 キース・ヴァン・ドンゲン
2016. 4.12
熊谷守一
2016. 2.26
田辺三重松 笠井誠一
2016. 2.25
池田満寿夫 笠井誠一

移転のお知らせ
石森画廊エントランス
 2014年5月1日より広島市中区 並木通り沿いに移転リニューアルしました。 並木通りは街路樹や花壇の間にモニュメントが点在する素敵な通りです。
石森画廊は並木通りのお洒落な雰囲気とアートな時間を共有します。 ぜひ、お気軽にご来廊ください。


アートギャラリー

ギャラリー
石森画廊の明るく落ち着いた雰囲気の常設展示スペースには有名物故作家から現代作家まで、日本画・洋画などの絵画はもとより掛軸・版画・陶芸・ガレ・ドーム・マイセン等の作品を各種オークション相場を基に、適正価格にて展示販売しております。

石森画廊の大窓
石森画廊のアートギャラリーは額縁に見立てたようなウインドウ越しに並木通りを望み、窓外の風景も一服の絵画に思えてくる空間です。目の前の歩道に赤いオブジェが見えます。


美術品の買取・販売・査定相談

お電話・メールで簡単無料査定

美術品の相続査定・評価証明・時価評価・鑑定・オークション
◆ ご家族が所有されていた美術品の相続査定
 お亡くなりになったご家族が所有されていた美術品。これは立派な相続財産です。相続人が複数の場合は、美術品の価値を明確にしておくことで相続手続にも大きな安心が得られます。

◆ 美術品の評価証明を依頼されている顧問税理士・会計士・弁護士の先生方
 美術品の時価評価が必要となる要件を担当されている士業の先生方からのご依頼も承ります。
 
◆ 企業が所有している美術品の時価会計に伴う査定
  美術品は、年月の経過によっても価値が減少することはありません。別の言い方をすれば、美術品は減価償却資産に該当しない資産になりますから、税務上の減価償却を行うことはできません。
  平成17年4月以後の事業年度から適用されている「固定資産の減損に係る会計基準の適用指針」(通称、減損会計制度といいます)により、美術品は時価評価の対象です。
美術品は資産として適正に評価されなければなりませんし、財務諸表において正確に把握できることが求められているのです。



◆ 正式な鑑定機関による科学的かつ厳正で公正な鑑定

 〜 東京美術倶楽部による鑑定書発行 〜

  石森画廊では日本の主だった物故作家の作品について鑑定証取得のお手伝いをします。 作品の売買において真贋の問題はたいへん重要ですから、鑑定書の存在は大きいと言えます。
鑑定は、厳正かつ公平な立場である「東京美術倶楽部鑑定委員会」にて作品の真贋を調べ、真作と認められれば鑑定書が発行されます。これが正式な鑑定なのです。


お問い合わせはこちらからどうぞ

石森画廊
〒730-0029
広島市中区三川町3-14
(吉野ビル)PALビル1階
tel:082-544-2750 fax:082-544-2751
E-Mail:ishimori@crocus.ocn.ne.jp  

石森画廊 トップページへ
絵画や美術品の買取は広島 石森画廊にご相談下さい
当画廊のホームページに掲載されている画像・文章の複製、転載、二次使用を禁じます
Copyright (C) 2015 Gallery ishimori All Rights Reserved.